トイプードルの歴史と注意について

トイプードル

トイプードルの歴史と注意について

トイプードルについて

画像

トイプードルは四種類のプードルの内の一種です。
フランスが原産国で大きさは体重が3~4キロの超小型犬です。
昔は使役犬としても使われていました。
また器用なのでサーカスの見世物としても使われていました。
また、毛が抜けにくいことで病院のアニマルアシステッドセラピー犬としても使われていました。
トイプードルはとても頭がよく、好奇心旺盛です。
運動能力が高く活発で体力があります。
なので、運動不足などストレスがたまるとケージを荒らすなどイタズラをすることもあります。
トイプードルは毛が抜けにくいので楽ですが、ブラッシングをしっかりしないと毛の中にゴミやホコリが入ってしまいます。
また絡まりやすいので、フエルト状に毛がなってしまうこともあります。
トイプードルは骨折の多い犬種です。
運動が好きですが手足の細さの割にはボディが大きく体重が重たいのです。
なので高い場所などからジャンプをすると体重を支えきれずケガをすることが多いです。

トイプードルについて

画像